チップチューンと呼ばれるグループの楽曲はそれほど需要がある?

Chiptune(チップチューンとよむ)という名前のMusic品種があります。
特に正確にはMusic品種と言っていいのか分かりませんが、
その曲の最も重要な事項としてファミコン~スーファミぐらいの層の
いわゆるピコピコ音調を取り入れているMusicといった所でしょうか。
多分実に特別使われるのはファミコンくさい8bit響ですけど。

こういうChiptuneですが、マイナーな品種と思っていましたが
本当は意外なほどに必須が大きくいる品種なのかもしれません。
国外プロレスのWWEの入場オーバーで流れて話題になっているのが
ファミコンの『ロックンロールマン』くさいMusicで、
随分ピコピコを矢面に押し出したChiptuneですからね。
きっと飽くまでロックンロールマン『特有』のパロディーっぽい曲であり
本人ではないですけど。

但し相変わらずこう言った形で心服達するのも、
かつての日本のマッチにはちゃんと世界中でマニアが存在するって
言う物事なのでしょう。
それが誇らしくもくすぐったい反面、ちょっとご苦労というか物寂しいアイテムもあります。

現在の日本のマッチ界やマッチは事情を席巻していたかつての時代に見比べたら
あまりにもすさまじさが薄くなってしまっていらっしゃる感じがしてならないのです。
きっと、当時が叶いすぎだったに関してなのかもしれませんが。ポーラホワイトショットを購入しませんか?