ピアノミュージシャンとしてのオリジナルを大切にしていこうと思います。

ピアノを始めたのは3年の時でした。
クラシックが大好きなお父さんは殊にドビュッシーが好きで、乳児のぼくに弾いてほしいというメンタルから習わせたのでした。

師範とのマンツーマンレッスンはとても楽しくて、ぼくはピアノが大好きになりました。
父兄はもちろん音大に進ませるつもりだったのですが、ぼくが進学やる意欲がないことを教えると、些か落胆していました。

ぼくが音大に進学しなかったのは、師範とのマンツーマンレッスンだけで潤沢だったからだ。
それに、私の親せきにバイオリンて音大へ進んだ自分がいましたが、音大へ入ってから熱唱謳い文句が変わってしまったのです。
マニュアル通りと言うか、聴いていて何も感じなくなってしまったのです。
今までは果てしなく素敵な奏で方をしていたのに、というぼくはがっかりしてしまったのを覚えています。

師範にそのことを話すといった、音大に行くだけがみんなではないと言ってくれたのです。
音大に行くことは楽しみもあるが、自由に熱唱することが難しくなると。大学は飽くまでも勉学、勉学では教本に沿って教えていかなければならないので、リバティーが利かなくなると言っていました。
師範は、大学の講師の見聞きがあったので、色んな視点からのおしゃべりを通してくださいました。

私の熱唱は持ち味の固まりだととことん言われます。
びいきだという自分もいますが、さぞ憎悪に思う自分もいると思います。
でも、食堂などでの熱唱を任された際は、たくさんの人懐っこい拍手をいただけます。
随時不安になることもありますが、ぼくは自分の持ち味を大切にしていきたいと思います。ソリオを値引きするときの目標はコレ