非常に危険な趣味があります。それは一体何でしょうか?

とある顧客がとある趣味に目覚めたのですが、それは必ず恐怖極まりない趣味でした。
その趣味は……スナック構造だ。
特別恐怖じゃないでしょと思われそうですが、妻の世帯にとっては非常に困難状況だったのです。

因みにとある顧客は店先の初心者くんですが、当日妻が店先にやっと自作スナックを持ってきて話された目次が衝撃的だったのです。
大学時代にスナック構造に目覚めた妻は、バイト値段で毎日のようにスナックを作っていました。
但し、当時妻は大人しい資質で近くも少なかった結果、作ったスナックを大学にとって出向くということを一般していなかったそうです。
そうして作ったスナックは妻の世帯が召し上がることになりました。

なんて妬ましい世帯だって本来思いますよね。
ただし妻の世帯は、夫人は痩身につきスナックを食べない、父は甘いものが拒否、おじいちゃんも同じく甘いものが拒否ので、妻の作ったスナックはざっと当時ハイスクールだったの弟くんの胃の中に消えました。
妻本人は食べても太らない体質らしく、何も邪魔はなかったのですが邪魔は弟くんだ。
誠に2年間で15Kgも太ってしまったというのです。
妻は「私のせいですか?」と言っていましたが、一番そうでしょう。
以後弟くんは大学に入学する際にお家を出たのですが、直ちに体重が落ちて言うそうです。

世帯がスナック構造に明け暮れるってそんな手強いことが……といったびっくりしたはなしでした。敷金礼金を返還して欲しい人はこれを読んでください。